ガールズバーについて

現役バイト店員がガールズバーの具体的な仕事の内容を教える

ガールズバーのメインの仕事はお客さんを楽しませること

ガールズバーの仕事はお客さんを楽しませること!

そういう意味ではキャバクラもそうなんじゃないの?と思うかもしれません。

確かに、女の子に接客される時間を楽しむっていう意味では、キャバクラとガールズバーは共通しているかもしれないけれど、厳密に言うとちょっと違う!(`・ω・´)

キャバクラはお客さんにお店に来てもらうために、キャバ嬢自身の魅力を武器にしていることが多いです!そのキャバ嬢のファンになってもらって、キャバ嬢目当てに来てもらうというか。

でも、ガールズバーの場合は「ガールズバー」というお店そのものを気に入ってもらえるように接客をするんです。なのでキャバクラは個人での接客、ガールズバーはお店の女の子のチームでの接客というイメージですね(^O^)

もちろんガールズバーでも、お気に入りの女の子を見つけて通うお客さんもいるにはいるんですけどね(笑)

お客さんのお酒はガールズバーの店員が作る

ガールズバーはあくまでも女の子が接客をするバー。

自分はお客さんとの会話に専念すれば良いというわけではなくて、お客さんにお酒を注文してもらったら、そのお酒を作ってお客さんに出します。

なので最初は普通の飲食店と同じように、お店に揃えているお酒の種類を覚えたり、カクテルメニューのレシピを覚えることになりますが、そこまで難しくはないのですぐに覚えられます!( ´ ▽ ` )ノ

時にはお客さんからドリンクを奢られることも。お客さんにお酒をおごってもらった時も、自分のお酒は自分で作ることになります。

ここはキャバクラとはちょっと違って、キャバクラの場合お客さんのお酒はキャバ嬢が作りますが、自分のお酒はボーイやキッチンスタッフに作ってもらうんです。

ですがあくまでバーなので、ガールズバーではおごってもらったお酒も自分で作ります♪

ガールズバーに来るお客さんが少ない時は店外での仕事もある

もしガールズバーで働いていて、なかなか集客がなかったら。

この場合、お店の外で宣伝をすることになります!求人を見ると「呼び込み・外での勧誘は一切なし!」というものもありますが、実際お客さんの入りが悪ければ店外で仕事をさせられる場合もあります(T ^ T)

そのことについては頭に入れておいたほうが良いかもしれませんね。

お店の看板をもって呼び込み

夕方〜夜の繁華街に行くと、看板を持った女の子が呼び込みをしている、というのを見かけたことはありませんか?

中にはメイド服っぽいコスプレをしている女の子が客引きをしているのを見たことがあるかもしれません。

それらはコスプレガールズバーの呼び込みである場合も多いんです(´Д` )

ただ、風営法や条例によってお客さんの呼び込みは制限されている地域もあるので、違法な呼び込みをさせられてはいないかは気をつけたいところですね。

呼び込みが成功したら、呼び込みバックと言って呼び込んだ人数分だけ時給にさらにバックが上乗せされるお店もあるので、どうせ呼び込みするならバックがあるお店のほうが魅力的です( ^ω^ )♪

チラシ・ティッシュを配る

呼び込みとは別に、駅前などでチラシやティッシュ配りをさせられる場合もあります。 配り終えたら帰ってきて、何時になったら帰ってきて、など店長にチラシやティッシュを渡されます。

ですが、大きなお店ではそうしたチラシ・ティッシュ配りのスタッフを別で募集しているところもあるので、その場合頼まれる可能性は少ないと言えます。

私も呼び込みはやったことがありますが、チラシやティッシュを配ったことはないですね。

そもそも最近は印刷のコストがかかるチラシやティッシュを配って宣伝するよりも、SNSなどネットを使った宣伝の方がコストがかからなくて楽だと思う人が増えているのもあります!

閉店後の後片付け・店内清掃

接客が終了したら、閉店後の片付けや店内の掃除をします。 この辺りは普通の飲食店と変わりはありません。

特にあまり男性スタッフを雇っていないガールズバーは、準備や後片付けなどの雑用も基本的にはそのお店で働く女の子が行います!(`・ω・´)

グラスを洗ったり、フロアの床やカウンター上の掃除など、お店での時間を心地よく過ごしてもらうために、お店の掃除は怠りません!

日払い制のガールズバーでは、店長などがこの後片付けの間にせっせとその日の給料を計算したり、女の子それぞれの給料をきっちり用意したりと事務仕事をしています。

そして後片付けが終わったら、日払いを希望している人は給料をもらって解散します!( ´ ▽ ` )ノ