ガールズバーについて

ガールズバーにも存在する「同伴」と「アフター」について

ガールズバーで同伴やアフターは必要?

ナイトワークのお店、特にキャバクラなどでは同伴やアフターは当たり前のようにありますが、ガールズバーの場合も同伴やアフターはどうなのでしょうか?(^_^)v

特にお小遣い稼ぎや副業としてガールズバーでの仕事を始める時は気になるところです。

昼間は学校や仕事で物理的に同伴に行くことができない分、同伴に行っている女の子と給料などに差がつくことになったらどうしよう・・・(ー ー;)

でも大丈夫。ガールズバーでは同伴やアフターを強制されるわけではないんです!

同伴とは

同伴はお店の営業が始まる前に、お店の外でお客さんと待ち合わせをして一緒に食事やデートに出かけます。基本的に食事もショッピングもお客さん持ちという場合が多いですね。

元々同伴はキャバ嬢などがお客さんからの指名を取りやすくする目的で行うことが多いです。

ガールズバーでも同伴をする人はいます!そしてお客さんから誘われることもあります!

ですが、そもそも指名制がないガールズバーも多いですし、あっても指名料は1000円ほどなので指名を取ったところで何時間もお客さんに付き合った見返りを考えると少なすぎます(´Д` )

なので正直な話をすると、私は1年ちょっとガールズバーで働いていますが同伴に行ったことは1回もありません(笑)

そもそも昼間の仕事があるので物理的に行けないというのもありますしね。

ガールズバーで同伴バックがあるお店もある

ですがお店側から見て、女の子がお客さんと同伴することにメリットが無いかというとそんなことはありません!

同伴すれば女の子がお店にお客さんを連れて来てくれるということ。

お客さんが来てくれたら、その日そのお客さんの売上が確定するので、同伴はお店にとって利益になることでもあるんですよね。

なのでガールズバーの中にもキャバクラのように同伴すれば同伴料金が発生して、女の子に同伴バックという形で報酬が入るところもあります。

アフターとは

アフターは同伴とは逆に、ガールズバーの営業が終わってからお客さんと女の子が出かけること。

ちなみに私の働いているガールズバーでは「アフター禁止」です。なぜなら深夜にお酒を飲んだお客さんと女の子を外に出すのは危険なので(´Д` )

ただし・・・

アフターをすれば次に来店した時に指名してもらえる確率が上がります。なので、指名制があるガールズバーの中にはアフターを推奨しているところもあります!

ですが、指名システムがなければガールズバーのアフターはデメリットの方が目立ちます。

誘われることはあっても、学生バイトの子なら「明日1限から学校があるんですよ〜(T ^ T)」などちょっとだけプライベートを晒す形でやんわり断ってます。

ガールズバーでアフターをしてもバックは無い

基本的にアフターは次の指名につながるというだけで直接的な売上には繋がらないのでバックはありません。

なので、本当に次の指名バックでしかお金に関する期待はできないんです・・・(^^;;

私を含め、今までガールズバーでアフターをしたことがあるという女の子は身近で聞いたことがありません。

ガールズバーは女の子との気軽なおしゃべりが魅力でもあるので、やんわり断ればあっさり引き下がってくれるお客さんも多いです。

断ってその後来てくれなくなったり、指名してくれなくなったらそのお客さんは下心があったという証拠。その程度のお客さんだったということです。

ガールズバーの同伴・アフターをする時の注意点!

ガールズバーの同伴やアフターにはメリットもありますが、注意しなければならないことや危険なこともあります。

「ガールズバーで働いたことがない」
「ガールズバーで働き始めてまもない」

という方は、実際にどんなトラブルや危険がるのか全く想像がつかないと思います。
これから紹介する注意点をしっかり確認して、自分の身を守りましょう。

同伴の注意点

ガールズバーで同伴をする前にしておきたい注意点は↓のようなものがあります。

  • 車・個室などで2人きりにならない
  • 食事をするお店を相手ばかりに選ばせない
  • 飲みすぎない
  • 長い時間を割かない

お客さんの車に乗り込んだりお店の個室に入ったり、2人きりにならずできるだけ人目のつくところで待ち合わせや食事をするようにしましょう。

また同伴の食事で飲みすぎてしまえば、そのあとのガールズバーのお仕事で本来飲めるはずだったお酒が飲めなくなるケースもあります。同伴で長い時間を使ったり、お酒を飲みすぎることで、お客さんがお店に入る前に満足してしまわないように気をつけましょう。

アフターの注意点

  • お客さんの車に乗らない
  • 帰る時間を決めておく
  • ベロベロになるまで飲まない
  • 帰りのタクシー代を確保する

同伴と同じく、2人きりの空間に入らないように気をつけましょう。お店で盛り上がった後で打ち解けたつもりになって、気が緩んでしまう子も多いですが、きちんとボーダーラインは守ってアフターをするようにしましょう。

注意

ベロベロになるまでお酒を飲んでしまうと、「介抱するためにホテルに連れて行く」という理由として使われてしまいます。帰る時間がハッキリしていないと、女の子との会話に飽きられてしまいますし、お客さんも女の子にその気があるのだと勘違いしてしまいます。

電車が止まってしまっている時は、帰る時にチップとしてのタクシー代を請求しましょう!

後ろめたく思うかもしれませんが、給料からタクシー代を引かれたくはありませんよね・・・。

「終電ないから・・・」と伝えてから「タクシー代出すよ」と返事がもらえてから、アフターに行くようにしましょう!

ガールズバーでは同伴もアフターもあまりする子はいない

キャバクラには厳しい指名争いや売上ノルマがあるお店が多いです。

その指名や売上につなげるために同伴やアフターにどんどん行くことになるかもしれませんが、ガールズバーはちょっと違います。

同伴もアフターも、全く無いとは言いませんが行く人がほとんどいないことは事実!

さらに、アフターに関しては自分に危険が及ぶ可能性もあるのでかなり慎重にならないといけません。
デメリットだらけだから絶対に行くな!とは言いません。

ですが、正直メリットはキャバクラに比べてかなり少ないですし、副業やお小遣い稼ぎで働いてる子が多いので、強制されていなければ同伴もアフターも、行く子はほとんどいませんね(^_^)v

ガールズバーの仕事ではない店外のデートにいく場合も注意が必要ですね。

まとめ

ガールズバーでの同伴は、お客さんがリピーターになってくれたり、初対面のお客さんでも中を深めるきっかけになります。

お店の外で会うので注意点はたくさんありますが、結果的に売り上げアップにもつながることもあるのでうまく活用しましょう!